18歳未満は閲覧禁止。大人になってから来てくださいね。

図書館内の盲点席で、JKにあれを見せつける!JKも生脚を露わに。

図書館内で、盲点になってる席。そこに管理人とJKの2人きり。
前回の続きです。
制服越しにクンクンクンクン、我慢出来ず、半袖シャツをまくろうとしました。しかしまだうつむいたまま起きません。よし、そうなればさっさと捲り上げ、ノースリーブ状態にしました。うつむいたままなので、ちょうど腋の下が開いた状態になっており、すかさず腋の下に顔をそっと埋めクンクンしました。ハアハア、無臭、ではなかったです。一気にち○ぽがフル勃起しました。すると、ニョキっと起き始めたJK。腋の下をクンクン中の管理人の顔が目前にあったので、目を丸くして、キョロキョロしてました。
すかさず腋の下に舌をやり、むしゃぶりつきました。汗で濡れており、塩の味がしました。大興奮の管理人は、右手でズボン越しのち○ぽを摩り、先っぽを手早く摩り続けました。そしたら、JKは頬を赤らめ、何と右手は参考書のページを抑え、左手は制服のスカートまで持っていき、徐々に捲り始めました。太ももを露わにして、自分で触り始めたんです、太ももをです。上下にさすりさすり…わざと管理人に見えるように。
明らかに誘ってましたが、まさか図書館内の席でしかもJKとヤッちゃうのは流石にやばいだろ、という事で、せめてJKの生脚を近くで舐め回すように目をやり、一旦腋舐めを辞めて、自慰行為に集中する事にしました。JKをみまくりながら、先っぽをチョロチョロチョロと指で手早くさすり倒します。依然JKは、太ももをさすりながらチラチラと管理人のオナニーを見てきます。そしたら…
今日はここまで。次回が最終回です。

Posted bykosupulemania