18歳未満は閲覧禁止。大人になってから来てくださいね。

隣人の秘密を知って口内発射!ところがそのすぐ後に。

前回の続きです。
フェラチオが妙に上手な隣の美女。
隣の美女「付き合って半年の彼氏が、店舗型のヘルスを経営していて…」
チン〇を放すまいとジュポジュポ音を立てながら事情を話してくれてます。
隣の美女「彼としてる最中、いつもダメ出しが入るんです。そんなテクではうちでは使えないよ、みたいな。」
管理人「ハアハア凄い、絡みつく…話しながらしゃぶってるよ。そんなんで彼とのエッチは気持ちいいの?」
隣の美女「初めての時は、ただでさえ緊張してるのに、初彼があーであれこれ指導を受けちゃって、、でもエッチってこんな感じなのかなって。」
管理人「なるほど。処女だったんですね。うわ、気持ちいい、お口の中でチン〇が…」
ジュポジュポジュポ…
隣の美女「3か月くらい下手くそって言われ続けたんですが、ある日の夜、あっこうすればいいんだ!って閃いて、そしたら彼が、おーいいねー、上手いよ、これなら、うちで採用だ!って。。」
管理人「え?まさか現職って?」
隣の美女「いえいえ、本職は経理関係です。勿論ヘルスは断りました。」
管理人「そうなんですか。何か安心しました。うっ」
隣の美女「凄いやらしい味する。おいしい。」
管理人「奥まで入って喉をさらに越えてるような、うおー。ハアハア。」
口内発射してしまいました。もう気持ちいいなんてもんではなく、今まで体験したことのないテクニックでした。
興奮冷めやらずも、ティッシュを美女に渡すと…
管理人「うお、まじ?2発目?」
一旦ティッシュに出してくるんと捨てたら、再び咥えてきたんです。
隣の美女「おっきくなってもらうまでね。お布団敷いてある所に移動して、69しよ?」
そして69の体勢になり、いざマ〇コを触ると、ビッチョビチョでした。すかさずマ〇コにむしゃぶりつくと、
隣の美女「あーんいやーん。」
続きは、次回のフェチ日記で書きます。

Posted bykosupulemania